トップページ

問題解決法
心を癒やす瞑想法では、瞑想法、自己啓発書、
願望実現法などの 著書から問題解決に関する名文を引用してきました。
その数々から問題解決方法をまとめてみました。
目次
1、 何故、問題解決法が必要なのか
2、 問題解決の心構え
3、 問題解決方法の種類
4、 具体的方法
5、 自分なりの問題解決法を創造する
6、 まとめ

ゲシュタルト心理学による問題解決方法

瞑想の基礎理論

1, 何故、問題解決法が必要なのか
我々は皆、多かれ少なかれ問題を抱えています。
問題解決の方法には様々な研究がされていますが、
予期せぬ災害は、避けることが出来ないのは皆同じです。
問題とは何でしょうか?
それは放置していると、社会生活、仕事、人間の成長に差し支えることです。
私の場合であれば、患者さんの基本的な疾患を把握していなければ、
患者さんが日常生活で困っていることを改善することはできません。
患者さんの日常生活障害の問題を解決するためには、
原疾患の理解、医師からの情報、適切な評価が必修になります。
したがって自らの理学療法技術を常に見直し、定期的に研修会に参加し
評価、技術を向上させる努力を怠ってはなりません。
私のような仕事だけでなく、全ての職種に共通することです。

2,問題解決の心構え
心構えが奇跡を生む W・クレメント・ストーンより
いまあなたが何か問題を抱えているとしたら、
それは結構なことだといえる。
何故なら問題に繰り返し打ち克つことは、
成功への階段を昇ることになるからだ。
問題に打ち克つたびにより賢くなり、実力が付き、
経験豊かな人間になれる。
問題を発見し、それに取り組み、積極的心構えでそれらを克服すれば
より良く、より大きく成功する人間になる。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心構えが奇跡を生む新版 [ ナポレオン・ヒル ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2021/4/10時点)



頭の回転が驚くほど速くなる 田中孝顕より
私はどんな問題でも克服できます。
私は、あらゆる問題に勝る強い意志と、力と、決意を持っています。
私は、自分の心と精神の下地を作ったり教育したりする上での
カギとなる要素が、問題であることを知っています。
ですから、どんな問題でも、大切なものとして扱います。
私は、問題を恐れることなく解決します。
私は、問題を無視する代わりに、それに直面します。
私は、問題を避けたりせずに、それを克服します。
私は、どんな問題の中にも、その中に解決の糸口が隠されていることを知っています。
従って、問題に対する理解を深めれば深めるほど、その解決法が
はっきり見えてくることも認識しています。
「問題を解決することによって自分は成長するのだ、
白血病を克服して新たに成長した池江璃花子選手のように
逆境を克服することにより新しいもう一人の
自分に出会うことができる」と確信してください。

3、問題解決の種類
問題解決には、様々な著書が出されています。
瞑想法(占い、スピリチュアルな本なども含みます)
瞑想の基礎をご参照ください。
健康法、
自己啓発書
ロジカルシンキング
プログラミング学習
などの様々な分野で問題解決方法が語られています。
このサイトの他のページをご参照ください。

4、具体的な方法
マッキンゼー式ロジカルシンキング 赤羽雄二より
問題解決、仕事促進のためのロジカルシンキング
仕事が上手くいかないとき、上司は「何とかしろよ」みたいなことを言います。
これは上司も、実際に問題を抱えている部下の状況を把握できないからです。
「とにかく丸く収めてくれ。もめ事を起こさないでくれ」
「恥をかかせないでくれ」などが上司の本音です。
もちろん上司や他の同僚の方が情報を多く持っていることもあります。
ですから情報が入りやすくしておくことは重要ですが、
あなたの問題に対しては対岸の火事のように捉えていることが多いです。
それではどうしたら良いかですが、
「物事を整理し、問題点を正確に捉え、最も効果的な対応策を考える」
ということに尽きます。
現場の雰囲気を肌で感じ、情報を集め、当事者の意見を聞いて判断すること
を繰り返していくという地道な努力を繰り返すことです。
マッキンゼーのロジカルシンキングとは
論理的にものごとを考えて、深め、
既成概念にとらわれずもっとも適切な方法を考え、
具体的に実行する手法、姿勢です。
① 論理的にものごとを考え深める
② 既成概念にとらわれず最も適切な方法を考える
③ 具体的に実行する手法、姿勢
以上を具体的に書くと、
問題の原因と考えられる事をすべて挙げるだけ挙げて、
原因の本質は何で、問題の原因がどのような状況を起こしているのかを
論理的に追求します。
その原因となるものを最も適切に解決できる方法を考えます。
このときに過去の対処法ばかりにこだわっていてはいけません。
過去の対応策で対処できないから問題が起こっているので、
既成概念に捉われないで、新しいアイディアを導くことが重要です。
具体的に実行するには注意が必要です。
自分ではこれが最良と考えていても失敗することがあるからです。
リスク対策を十分考えないと痛い目に遭い自分から墓穴を掘ることになります。
実行するからには「勝てる」見込みがなければ行わない方が良いでしょう。
現状を分析するために実行するという方法を取ることも重要です。
こうしたらどんな結果がでるだろうか?
と仮説を立てて実行してその結果を見て問題解決の原因を探る方法も有効です。
論理的思考は誰でもできる
相手に「なるほど!!」と思わせれば効果的
「これがこうだったらこうなるはずだよね」
西の空が暗くなってきた。もうすぐ雨が降りそうだ。
だから傘を持っていこう。思った通り雨が降ってきた。
でも、傘を持ってきたから大丈夫だった。
こういう考え、会話は誰でもしています。これが論理的思考です。
誰でも小さい時から備わっている基本的な思考スキルです。
ところが仕事になると途端にできなくなる。
職場の雰囲気だったり、年上の他の職員の圧力、
上司からの圧力などで、頭が真っ白になってしまうからです。
一分間メモ書きの方法
アイディアを出すメモ書きの効果を最大化するカギは、1分という時間で書くことです。
一気に素早く書くほど、頭の中身が全部書き出されます。
あれこれ悩まずに、また言葉も選ばずにもやもやしたものを書き出すことで、
なぜもやもやしていたのかもやもやにどういう意味があるのかが見えてきます。
初めて、メモを書いたときは一分以内だと少ししか書けない人も多数ですが 気にしないことです。
とにかく1分で書き上げるのです。
書いて書いて書きまくるのです。
速くかかなければならない最大の理由は、悩んだり言葉を選んだり、
より深く 考えたりしているつもりでも、実際は頭が止まっているからです。
あれこれ言葉選びをしたところで、アイディアがよくなることはありません。
どんどん書くこと言語化能力が高まり、はるかに成長します。
上記のようにドンドン読み、書きます。
そうしているうちに言葉に迷うことがなくなります。
誰でも自分の考えを持っているものです。
しかし、それを表現する場所がなかったり、
こんなこといったらバカにされるのでは?
など日本人の環境は自分の考えを表現できる環境でないと言えます。
今でも「たて社会」から脱却していない。
先輩や周りから圧力をかけられて委縮してしまう人も多いことでしょう。
表現をためらっていたら成長はできません。
イメージや感覚を言葉にしようとする回数を重ねていくと、
それほど抵抗なく形にできるようになってきます。
意外に苦労せずに書いたり話したりできるようになってきます。
速く沢山の本を読んで、それを「まとめる」という作業をすると、
とっさの状況に対応できるようになります。
思い付き、自分の主観だけで話したり行動したりすると
「何でこんなことをするんだ」と反感を買います。
行動する時は、周りに全てを説明することはありませんが、
上司から「何でこんなことをしたんだ?」と言われたときに「なるほどね」
と上司にわかりやすく説明できないならばするべきではありません。
それに対して瞑想は仕事の時間や他人の迷惑にならないならば、
自分の時間を決めて自由にできます。
瞑想と聞くと宗教染みたもの、非科学的なものと思われがちですが、
我々は知らず知らずのうちに様々な雑音に惑わされます。
人間はいいニュースより悪いニュースに耳を傾ける傾向にあります。
悪いニュースは、客観的な事実であれば、それに備えることができるからです。
今、新型コロナウイルスのニュースに注意を払うのは感染拡大を防ぐのに重要です。
しかし、悪いニュースは悪い感情を引き起こします。
それがいつまでも寝る前であっても頭を回ってしまうことは良くないことです。
不安は人間の「より良く生きたい」という願望の副作用であると言えます。
不安が心の中を反芻すると不安神経症になります。
それを断ち切るのはリラクゼーションが有効です。
体の力をゼロにして、体を和らげることで不安も和らぎます。
マーフィー博士は潜在意識につながることで無限の知性を得ることができると言います。
マッキンゼー式ロジカルシンキングの「一分間メモ書き」は
自分のアイディアを どんどん早く書くことで自分では
普段意識していない自分の考え(潜在意識) も書き出せるようになります。
私の考える瞑想はとても広範囲なもので、
マッキンゼー式ロジカルシンキングの「一分間メモ書き」も瞑想の一つと考えます。
私は直感で動くタイプなので若い時は沢山の失敗をしてきました。
上司から問い詰められた時に「なるほどね」と
わかりやすく説明できる能力がないのに
行動したりしたので不利な立場になったこともしばしばありました。     
マッキンゼー式ロジカルシンキングを読んでから、論理的に考えて
行動するようになり上手くいくようになったと思います。 

5、自分なりの問題解決法を創造する
以上、紹介した著書の数々は、あなた自身の解決方法を創造する
ヒントになります。
強い関心や好きになることが、論理的思考のカギです。
苦手な分野や苦手な相手でも、萎縮せず、焦らなければ誰でもいつでも
論理的思考はできます。
私の場合、担当した患者さんに対して自分が学んだ理学療法技術を使って
結果が出て喜んでくれたら、とてもうれしくなります。
自分が学んで「きちんとよく考えて」適切に行動すれば
仕事上でもプライベートでも大変役立ちます。
たくさんの名著を読んで、自分なりの問題解決法を創造してみてください。
私はやってみたい事が沢山あります。
自分の本職の理学療法技術をもっと高めたい(スキルをあげたい)。
今の仕事をもっと発展させたい。
いいホームページを作れるようになりたい。
パソコンがもっと上手くなりたい。
英会話ができるようになりたい。
などなど、このように漠然とした願望は誰でも持つものですが、
余りに焦点が定まらないと、何も得ずに終わってしまう可能性が高いです。
問題は、自分のやりたい、成し遂げたいことを如何にして
成し遂げるか?という問題です。
問題解決法には様々な書籍が出されています。
私が一番、自分に会っていると思う方法は、
赤羽雄二さんのマッキンゼー式ロジカルシンキングです。
「マンガでわかる!マッキンゼー式ロジカルシンキング」
では、沢山の問題解決のツールが紹介されています。
とてもシンプルで明快で分かりやすく書かれています。
ロジカルシンキングの方法を箇条書きすると以下のようになります。
・1分間メモ書き
・ロジック・ツリー 現象問題 本質的原因 根本的な解決法 具体的方法
・3C(市場、競合、自社)
・フレームワーク
・ロジカルシンキングの方法には様々なツールが使われます。
・フレームワークは1分間メモ書きを整理し、
到達したい最終目標に到達するための、プログラムを立てることができます。
私が考えたフレームワークはこうです。
立て軸を重要度、横軸を時間とします。
3年後までに成し遂げたい目標を一番、右上に書きます。
こうすると

期限内に目標到達のために行うべき事項に優先順位を
つけてその日にすべきこと、その週で行うこと、月で行うこと
数年で行うことを決めることができます。 
結構使えると思います。
皆さんも独自のロジカルシンキングな問題解決方法を
是非考えてみてください。

6、まとめ
私は、斎藤英治先生の「世界一わかりやすい速読の教科書」を読んで、
50歳前半から、速聴を基本とした速読学習法を実践してきました。
田中孝顕さんが美しく力強い日本語で訳すナポレオン・ヒルの名著など、
様々な瞑想の本などを速読し、心を癒す瞑想法で読書ノートとして
58歳の現在までブログを書き続けてきました。
仕事、家庭の問題に出会うたび、名著を再読することによって、
何度、勇気づけられて救われてきたかわかりません。
私の行っていることは特別なことだと思っていません。
誰でも問題を抱えています。
その問題に対して私は上記の問題解決法を導きました。
皆さんもご自身で様々な問題を抱えていることと思います。
この記事が皆さん自身の問題解決方法のヒントになれば
幸いです。

先頭に戻る

ゲシュタルト心理学による問題解決方法

Ⅰ ゲシュタルト心理学
人間は過去の枠組みで物をみます。
これも、問題解決のヒントになると思います。
ゲシュタルト心理学(ウイキペディアより)
ゲシュタルト心理学とは、人間の精神を、部分や要素の集合ではなく、
全体性や構造に重点を置いて捉える。
この全体性を持ったまとまりのある構造をゲシュタルトと呼ぶ。
ゲシュタルト心理学の最も基本的な考え方は、知覚は単に対象となる物事に
由来する個別的な感覚刺激によって形成されるのではなく、
それら個別的な刺激に還元できない全体的な枠組みによって大きく規定される。
全体的な枠組みにあたるものはゲシュタルトと呼ばれる。
例えば、映画を見て複数のコマが映写されているのではなく
動いているように見えることは、ゲシュタルトの働きの
重要性を考えさせられる。
プレグナンツの法則
1、 近接の要因
いくつかの刺激がある時、同種のもの同士がひとまとまりになりやすい。
2、 閉合の要因
互いに閉じあっているもの同士はひとまとまりになりやすい。
3、 よい連続の要因
いくつかの曲線になり得る刺激がある時、よい曲線として連続しているものは
1つとして見られる。

レビンの盃

老婆と少女

二つの絵は、
一つの情報だけを与えられると、そのようにしか見えなくなってしまう例として有名です。老婆と少女の場合、少女に見える部分だけを協調して、「この子は若い子だな」「正面からみたらどんなかわいい子だろう」と男の子同士で話し合うと少女の面しか見えなくなります。我々は現実を見ているのではなく、ある枠組み(他人から聞いたこと、テレビで見たこと、自分で学習したこと)により物を見ます。好きと嫌いで考えると、自分に不利になるものを嫌います。ほとんどの人は夢はあるけれども現状維持を望んでいます。違った枠組みが自分の不利と感じるものを嫌い排除しようとします。テレビで北朝鮮のミサイルが発射されるとヘイトスピーチを招いたりするので、マスコミの責任は重大です。枠組みは、その人が受けた教育や育った家庭、現在の暮らしなどが大きく影響します。介護職では「あいつのせいで私たちはつらい思いをしている」と感じれば虐待や嫌がらせが起こります。悪い噂を流すような犯罪にもつかえますが、ゲシュタルト療法というものがあるように、これを精神療法に応用することもできます。
D・カーネギーは「道は開ける」の中で悩みについての解決法について
まとめています。
道は開ける D・カーネギーより
悩みの分析と解決法
1、 事実の把握
2、 事実の分析
3、 決断―そして実行
事実の把握は、それを知らなければ自分の問題を手際よく
解決しようとすることさえ不可能だからだ。
事実がわからなければ、できることは混乱してやきもきするだけだ。
混乱こそ悩みの第一理由なのだ。
ゲシュタルト心理学で述べたように人間はありのままに物事をみることができません。
些細な他人のミスや態度に腹を立ててしまいます。
人間の習性を知ることも重要です。
人間は自分のことを棚に上げて人のことを言うのが好きだということです。
ですから、相手に悪意がある行為だと言って何とかしようとすると余計に上手くいかない
ことが多いです。
我々は現実を見ているのではなく、
ある枠組み(他人から聞いたこと、テレビで見たこと、自分で学習したこと)
により物を見ます。
好きと嫌いで考えると、自分に不利になるものを嫌います。
ほとんどの人は夢はあるけれども現状維持を望んでいます。
違った枠組みが自分の不利と感じるものを嫌い排除しようとします。
枠組みは、その人が受けた教育や育った家庭、現在の暮らしなどが大きく影響します。その人によって個人差はありますが、
介護職では「あいつのせいで私たちはつらい思いをしている」
と感じれば虐待や嫌がらせが起こります。
不快なことをされたという本人はその枠組みでしか物を見れなくなっています。
不快なことをする方は、「あいつのせいで私たちはつらい思いをしている」という枠組みで物をみているということです。
「あいつのせいで私たちはつらい思いをしている」という枠組みで物を見ている人に何をいっても効果はありません。
唯一の方法はD・カーネギーが述べているように、

1、 事実の把握
2、 事実の分析
3、 決断―そして実行
嫌がらせをする人に何をいっても無駄なので、
事実を客観的に記録することです。
このとき重要なのは、嫌がらせをしている人に個人的なうらみを
持たないように。
それはあくまで主観なので自分の気持ちとして記録することが重要です。
自分の主観を書くことは後から見て自分も人を恨んだり腹を立てる
人間なんだと自覚することが出来ます。
書き出すことで嫌がらせをする人もされる人も人間で、
本質的には大差がないということが分かります。
しかし、人に行う行為は必ず自分に返ってきます。
良いことを思えば良いことが起こり、
悪いことを思えば悪いことが起こります。
人を悪く思えば自分に悪いことが起こります。
他人を蹴落とそうとすると必ず、しっぺ返しを食らうものです。
人をうらやみ、憎み、嫌がらせをすると、その時は一時的に気分が晴れるかもしれません。
しかし、その代償は高くつくでしょう。
我々の運命は自分の心が前向きか後ろ向きかで左右されます。
人をうらやみ、憎み、嫌がらせをすることは前向きな行為か否かは明白です。
人の不幸を喜ぶ心自体が後ろ向きなので、その方向に心が動いている時は気をつけてください。
「マーフィー眠りながら巨富を得る」より
誰かがいやなことを言ったり、不機嫌だったり、皮肉だったりした時、
「それは、その人が自分に対して言っている」と心の中で思いましょう。
他人の誹謗、中傷は、あなたが受け入れない限り、あなたを傷つけることはないでしょう。
他人を誹謗、中傷した人は、その言葉によって自分自身を傷つけるのです。
マーフィー人生成功の名言389より
言葉遣い
成功者と呼ばれている人、世の中をうまく渡っている人は、
言葉の選び方を知っています。
この事実は極めて重い意味を持っています。
すなわち、潜在意識によい命令を与えているということです。
いつも否定的な思考や態度で成功した人はいません。
言葉はつねに肯定的に使う必要があります。
なぜなら、自分自身に向かった言葉でも他人に発せられた言葉でも、
使った本人の潜在意識にそれは刻印されてしまうからです。
陰謀への対処法
他人があなたを蹴落とそうと陰謀をたくらむことはあり得ることです。
そのときどう対処すべきでしょうか?
あなたはそんな陰謀で自分が害されるはずがないと信じるべきです。
マーフィー博士は、他人から直接傷つけられることはない。
そう見えても結局は自分が受け入れてしまうからだといっています。
あなたに自信があれば、他人の陰謀を恐れる必要はないはずです。
他人を傷つけようとするときは自分自身が傷つけられる時です。
先頭に戻る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

道は開ける文庫版 [ デール・カーネギー ]
価格:770円(税込、送料無料) (2021/4/10時点)


瞑想の基礎理論

瞑想は自分が意識していない潜在意識に催眠誘導などを用いて
自分の知らなかった自分を感じたり、普段は意識していない呼吸などの
様々な感覚に集中することでありのままの
本当の自分を知る方法だと言えます。
フロイトがどのように無意識を研究し精神分析を開発したか、
シュルツの自律訓練法の基礎から、
催眠暗示のメカニズム、具体的な現代の瞑想法の紹介まで
まとまった文章に仕上げています。是非、ご一読ください。

瞑想の基礎になるのは潜在意識です。
潜在意識の概念はフロイトが築いたと言っても過言ではありません。
以下はウイキペディアからです。
ジークムント・フロイト(独: Sigmund Freud、1856年5月6日 – 1939年9月23日)は、オーストリアの精神医学者、精神分析学者、精神科医。オーストリアのモラヴィア辺境伯領のユダヤ人の家庭に生まれた。神経病理学者を経て精神科医となり、神経症研究、心的外傷論研究(PTSD研究)、自由連想法、無意識研究を行い、さらに精神力動論を展開した。精神分析学の創始者として知られる。 1873年(17歳)ウィーン大学に入学、2年間物理などを学び、医学部のエルンスト・ブリュッケの生理学研究所に入りカエルやヤツメウナギなど両生類・魚類の脊髄神経細胞を研究し、その論文は、ウィーン科学協会でブリュッケ教授が発表した。 またフロイトは、脳性麻痺や失語症を臨床研究し論文でも業績を残している。これらは彼がすでに、脳の構造と人間の行動、さらには心的活動に深い関心を抱いていたことを物語る。やがて彼は、脳の神経活動としての心理活動を解明するという壮大な目的を抱いたが、当時の脳科学の水準と照らし合わせると目的へは程遠いという現実にも気づいていた。 しかしながら、フロイトは終生、脳と心の働きの連関を「科学的に」解き明かすことを研究の主旨とし、目標とした。ヒステリーの研究で有名だった神経学者ジャン=マルタン・シャルコーのもとで催眠によるヒステリー症状の治療法を学んだ。神経症は器質的疾患ではなく機能的疾患であるとシャルコーは説き、フロイトはウィーン医学会での古い認識を乗り越えることとなった。このころの彼の治療観は、のちの精神分析による根治よりも、むしろ一時的に症状を取り除くことに向かっていた。この治療観が、のちの除反応(独: Abreaktion)という方法論や、催眠暗示の方法から人間の意識にはまだ知られていない強力な作用、無意識があるのではという発想につながっていく。 1886年(30歳)、ウィーンへ帰り、シャルコーから学んだ催眠によるヒステリーの治療法を一般開業医として実践に移した。治療経験を重ねるうちに、治療技法にさまざまな改良を加え、最終的にたどりついたのが自由連想法であった。これを毎日施すことによって患者はすべてを思い出すことができるとフロイトは考え、この治療法を精神分析(独: Psychoanalyse)と名づけた。 1889年、フロイトは催眠カタルシスか催眠暗示療法どちらをとるか迷っていたため、催眠暗示で名高いフランスのナンシーに数週間滞在した。ここで彼は老齢の医者が貧富にかかわらず治療しているのを見て感動し、病院で高名な医者による実験を目の前にして、人間の意識に秘められている力強い心的な機構の可能性について強い印象を受けた。この滞在で治療者としての手本と、個々に合わせた治療という技法、催眠暗示の長所短所について意見を聞いた。 自然科学者として、彼の目指す精神分析はあくまでも「科学」であった。彼の理論の背景には、ヘルムホルツに代表される機械論的な生理学、唯物論的な科学観があった。脳神経の働きと心の動きがすべて解明されれば、人間の無意識の存在はおろか、その働きについてもすべて実証的に説明できると彼は信じていた。しかし、彼は脳神経に考察を限っていたわけでもなかった。当時の脳細胞の研究は一段落ついており[要出典]、かわって心理学や、当時の流行病であり謎でもあったヒステリーの解明が新たな挑戦課題となっていた。彼はその挑戦とともに、ヒステリーの解明の鍵であった「性」という領域に、乗り出していったのだった。彼はギムナジウム時代に受けた啓蒙的な教育からして、終生無神論者であり、宗教もしくは宗教的なものに対して峻厳な拒否を示しつづけ、そのため後年にアドラー、ユングをはじめ多くの仲間や弟子たちと袂を分かつことにもなった。 とあります。 もう一つ催眠暗示を手段と用いたのは自律訓練法です。 (じりつくんれんほう、autogenic training)とは、1932年にドイツの精神科医ヨハネス・ハインリヒ・シュルツ(英語版)によって創始された自己催眠法であり、リラクゼーション技法である。ストレス緩和、心身症、神経症などに効果がある。 自律訓練法は厳密には複数の訓練からなる。「標準訓練」、「黙想訓練」、「特殊訓練」などである。この内、中心になるのは標準訓練で、これが自律訓練法の基本的かつ必須の部分である。 もとはドイツの大脳生理学者オスカー・フォクトの臨床的催眠研究に基づく。フォクトの研究に刺激されたシュルツは1905年催眠と暗示の可能性について改めて検討を始めた。シュルツは人が催眠状態に入るとほとんどが共通とも言える2つの主観的な感じを報告することがわかった。一つは肢体がひどく「重たい」という感じであり、もう一つは、だんだん広がっていく「温かい」感じであった。彼はこの2つが覚醒状態から催眠状態への変化をもたらす本質的要因だろうと推測した。
(ウイキペディアより)
とあります。 フロイトの精神分析と同じ時期に催眠を基礎とした精神療法と言えます。 私はRSDの患者さんに自律訓練法が有効かどうか試したことがあります。
その時、勤務していた病院は整形外科だったので
自律訓練法のカセットテープを患者さんにわたして
聞いてもらうという程度しかできませんでした。
自律訓練法を治療に用いるには患者さんを教育し
治療者も一緒に実践できるような環境ではないと難しいでしょう。
ある程度、理解のある人には不可能ではないと思いますが
RSDの交感神経性の痛みの治療効果があるかどうかは疑わしいと思います。
健常人がナレーションを聞く程度はリスクはないです。
ふざけていい加減にやっては効果がないですし、
車の運転中などに行うと危険です。
やはり、指導者がいるにこしたことはありません。
「ちょっと試してみようかな」と思う人でも、
you tubeなどを利用して安全を配慮して試して
「もっと本格的にやってみよう」という気持ちになることは良いと思います。
非薬物精神療法の特徴は、
風邪薬や睡眠薬と違い健常人が適切に用いると
とても有効で健康増進に適していると言えます。
是非、皆さんも試してみてください。 自律訓練法のナレーションは
YOUTUBEでも聞けるのでやってみてください。

ナレーションに合わせてできるようになると結構深い
催眠状態を体験できると思います。
本は基本的な方法を説明しているので、
様々な制約を設けていると思います。
教科書を書く立場の人は「適当でも効くよ」などとは言えないからです。
今、私は自律訓練法のナレーションを聞きながらこの文章を打っていますが、
慣れてくると危険ではありません。
最初はナレーションに集中して深い催眠状態を経験する必要があります。
それが出来れば、あまり深く催眠状態に入れませんが
別のことをしながらでも楽しめます。
ただし、車の運転や集中力のいる仕事中は絶対にしないようにしてください。
非薬物精神療法の代表である。
催眠を用いた精神分析法と自律訓練法の基礎は暗示です。
まずは、ストレスについての話です。
ストレスについて        
ストレスいとは何か(ストレスに克つ 自律訓練法 笠井仁著より)
「ストレス」は元々、物理用語で「張り」を意味する言葉でした。楽器の弦やテニスラケットのガットが張っている状態が程よくストレスがある状態といえます。 この弦が程よく張れていると楽器は良い音を奏でたり、テニスでボールをうまく打ち返すことができます。 この言葉を借りて心や体のピンと張れている状態を指すのが、今一般用語となっています。 心理学では心身に影響する日常生活すべての刺激を「ストレス」と扱うように思われます。 適度な楽器の弦やガットの張りは非常に良いものですが、たるんでいては良い音も出ませんし、十分にボールを打ち返せません。逆にあまり強く張りすぎると、すぐに切れてしまいます。丁度良い張り具合の時がもっともよい状態で使うことができます。 このことは、心や体のストレスの場合にも当てはまります。「心に張りがある」「張りのない仕事」などという言い方をされます。この「張り」が心理学用語の「ストレス」です。 ストレスが全くないとたるんだ状態です。一方、ストレスが強すぎても空回りしてしまいます。 良いストレスと悪いストレス ストレスの量 適量のストレスはストレス喚起度を上げていくと、仕事の能率度・健康度を向上させます。 仕事を始めたばかりで新たな知識、技術が学べることは「良いストレス」です。
しかし、その量がある一定の量を超えると仕事の能率が下がってきます。
私はこの文章を打ち始めたときは、
新しい知識を皆さんに提供できるということで適度な張りでしたが
今は疲れてきました。
過剰に作業を続けると、このように能率が下がってきます。
この状態が「悪いストレス」といえます。
ストレスの質 現代社会では様々な出来事がストレスとなります。
自分の家族を亡くす、リストラ、会社の倒産、離婚、大地震などの災害などは
自分の力ではどうにもならないストレスなので重大な鬱に陥りやすいです。
このような種のストレスはないに越したことはありません。
介護現場での人間関係、同僚との意見の相違、
介護ミス、過重労働などは避けて通ることはできません。
ストレスを感じてもそれをいかにうまく対処するかが重要になります。

ストレスのやわらげ方
状況をどのように受け止めるかでストレスの度合いは変わってきます。
難題に遭遇した時、正面からそれにぶつかっていてはストレスにつぶされるだけなので、それに脅威を感じて逃げるだけでなく(種類によっては逃げることが必要になる) 問題から目をそらすことなくストレスの難題を客観的に分析し、結果を予想してそれが現実的なものであるか検討しましょう。
仕事に対して他の考え方はないかと探してみたり、
山のような仕事には、仕事をリストアップして締め切りの近いもの、
すぐに片付きそうなもの、そうでないものなどで優先順位を決めて仕事を進めるなどはストレスを軽減します。

 


職場の理解、同僚、仲間の協力、家族の力などが問題解決の推進力になります。 「あの人の考え方は間違っている」と感じるのもストレスになります。
人間は自分とは違ったパラダイムでものを考える人を排除しようとします。
以下はD・カーネギーからです。
どんな悪人でも罪を問われれば自分を正当化しようとする。悪い人間ほど自分のことは棚に上げて人のことを言いたがる。これが人間の天性で悪人だけに当てはまるのではなく我々も同じだ。 他人の欠点を直すことは大事なことである。しかし、他人を直そうとするより自分を直そうとする方が余程、得であり、危険も少ない。 若い時は人づきあいが下手で有名だったベンジャミン・フランクリンは後年、非常に外交的な技術を身に着け人を扱うのがうまくなり、ついには駐仏米大使に任命された。 彼の成功の秘訣は「人の悪口を言わず、長所をほめること」だと自ら言っている。 理解と寛容は、優れた品性と克己心を備えた人にして初めて持ちうる徳である。 英国の思想家カーライルは「偉人は小人物の扱い方によってその偉大さを示す」と言っている。 人を動かす秘訣はこの世にただ一つしかない。「自ら動きたくなる気持ちを起こさせること」である。人を動かすためには相手の欲しいものを与えるのが唯一の方法で、ジークムント・フロイトは「人間のあらゆる行動は2つの動機から発する。性の衝動と偉くなりたいという願望」だとしている。 ジョン・デューイ教授は「人間の持つ最も強い衝動は重要人物たらんとする欲求」だと言う。 人が欲しがるものは、健康と長寿、食べ物、睡眠、金またはそれに代わるもの、来世の生命、子孫の繁栄、自己の重要感である。その中でなかなか満たされないのが自己の重要感で、フロイトの偉くなりたい願望とデューイの重要人物たらんとする欲求である。
ウイリアム・ジェームスは「人間の持つ性情のうちで最も強いものは他人に認められることを渇望する気持ちである」という。これこそ人間の心を絶えずゆさぶって焼けつくような渇きである。
人のパラダイムを変えることはとても難しいということです。
「どんな人間でも何かの点で私よりも優れている ― 私の学ぶべきものを持っているという点で」とエマーソンは言っている。
自分の長所、欲求を忘れて他人の長所を考えようではないか。
そうすればお世辞など全く無用になる。うそでない心からの賞賛を与えよう。
心から賛成し惜しみなく賛辞を与えよう。
相手はそれを心の奥にしまい込んで終生忘れないだろう。与えた本人が忘れても、受けた相手はいつまでも忘れないでいつくしむであろう。 ゆえに人を動かす原則は ― 素直で誠実な評価を与える
どんな嫌な人でも、その人の考え方を知ろうとするのは、
対人関係ストレスを和らげます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人を動かす文庫版 [ デール・カーネギー ]
価格:715円(税込、送料無料) (2021/4/10時点)



自己催眠、瞑想法は様々な目的で用いられてきました。
宗教的な悟りを開くため、修行僧が修行に用いたり。
キリスト教などの祈りも含まれるかもしれません。
卑弥呼が権力を保持しようとして用いた占いや呪術なども
催眠を利用したものかもしれません。
催眠とは何かですが、「催眠(さいみん、英: hypnosis)とは、暗示を受けやすい変性意識状態のひとつ。また、その状態(催眠状態)、およびその状態に導く技術(催眠法)を指す場合がある。催眠術(さいみんじゅつ、英: hypnotism)とも呼ばれる。」
(ウイキペディアより)
瞑想とは「瞑想(めいそう、英:Meditation)とは、心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことである。この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者(神)をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。」
(ウイキペディアより)
今日ではスポーツやビジネスにおいても、
ストレス解消法、能力開発、仕事の効率をあげるという目的で
様々な方法が開発されています。
あと様々な心理術のような本がありますが広い意味で、
開運、占いの本もこのジャンルに入るかと思います。
様々な瞑想法、自己暗示の本を私は趣味で読んできました。
大まかな感想としては「本の著書たちは自身の一つの
オリジナルの体系だった商品として、
瞑想、催眠を応用した著書を書こうとしている」ということです。
自己暗示(自己催眠)、瞑想法 自己暗示瞑想法と聞くと
「どうせ暗い奴がやるんだろ」「マインドコントロールで変な宗教に引き込まれるよ」
などと言われそうになるので敬遠される方も多いのではないでしょうか?
私、個人の考えは「もっとスポーツのように自由に瞑想法を楽しもう!」
という考えです。
マインドフルネス瞑想のように、今日ではアスリートやビジネスマンもストレス解消、能力、効率を上げるという目的で様々な方法が試みられています。
あえて人に話すことではありませんが、
「どうせ暗い奴がやるんだろ」は否定できます。
「マインドコントロールで変な宗教に引き込まれるよ」というのには注意がいることは否定できません。
瞑想はあくまで自分の楽しみで、
願望実現がうまくいかなかったとしても焦ってはいけません。
「この方法は自分にはあわなかったんだな」とあっさりあきらめて
別のものを試すのがよいと思います。
瞑想の種類 自律訓練法 ドイツのシュルツ博士が開発した古典的な科学的瞑想法の一つだと思います。
精神的な不定愁訴などの精神療法にも使われています。
自己暗示法
「自分をとりもどす 魔法の言葉 ひとりでもできる 催眠セラピー」ヴァレリー・オースティン著には様々な自己暗示の言葉が記載されています。
その文章をボイスレコーダーなどに吹き込んで聞いてみると良いと思います。
暗示とは人は言葉によって気持ちを左右されます。
観念運動が働いているからです。
観念運動とは,ある言葉を発したり,頭の中で考えることによりその言葉や言葉のイメージが,実際に行動として現れてくることを言います.例えば,有名なもので振り子があります.振り子は,5円玉と糸があればすぐに作れるので,ぜひ自分で作りこの観念運動を体験してください.やり方は,5円玉に20~30センチの糸をつけ振り子を作ります.そして,親指と人差し指で糸の端を持ち,5円玉をぶら下げます.このとき,持っている腕の肘を机についたりしないでください.そうしたら,5円玉を見つめながら,頭の中で5円玉が左右に揺れると繰り返してください.実際に声に出してもかまいません.何度も繰り返すことと,動くことを待つのがポイントです.これは,催眠誘導にも言えることで,暗示は繰り返すと,より強力に働きます.また,反応の現れ方は個人差があるので,反応が現れるまで待つことが大事です. ほとんどの人がこの振り子の実験で,振り子が揺れてくると思います.この他にも催眠につかう観念運動はいくつかあります.例えば,足をそろえて立って目を閉じ,後ろに倒れてくるとイメージすると,後ろに倒れてしまうものとか,前習えのように手を出し,その手に重たいものが乗っているとイメージすることによって,腕が下がってくるなどがあります.これらはすべてそのまま催眠誘導としてつかえます. 観念運動は,催眠誘導の基礎となるもので,催眠の基本的な要素が入っています.それは,言葉を刺激として行動が起きるというところです.催眠と観念運動が違うのは,催眠は催眠者の暗示という言葉によって行動が起きるのですが,観念運動は本来的には自分の言葉やイメージによって行動が起きるのです.しかし,良く考えてみれば,催眠者の言葉が被催眠者のイメージを喚起することができれば,観念運動はそのまま催眠に変わることができます.これから説明する,条件付けを基礎とした催眠誘導でも,観念運動は重要な部分を占めます.なので,さっきの振り子の実験を実際に体験してみることをお勧めします. 自分の行動は自分でコントロールできる。と人は思いがちですが、上司からの言葉のかけれれ方一つであなたの行動や気持ちは変わるでしょう。暗示は上記の通り催眠に用いられます。人間は誰かに導かれたいという願望を誰でも持っています。催眠術師はそれを巧みに利用します。自分がそうありたいと思う言葉をかけられると人はその人を信用し自分の意図と反することをしてしまいます。個人差はかなりありますが、詐欺師や催眠術師は催眠暗示にかかりやすい人を見分けるのに長けています。催眠暗示にかかりやすい人は自分に自信がなかったり、誰かに救われたいという願望を持っています。詐欺師や催眠術師の代わりに自分で観念運動を利用して催眠状態に入ることができます。殆どの瞑想法がそれを応用していると言っても過言ではありません。
トランス状態について 催眠、瞑想には「トランス状態」の知識も必要です。
トランス (英: trance) あるいはトランス状態とは、通常とは異なった意識状態[1][2]、つまり変性意識状態の一種であり、その代表的なものである[2]。 入神状態と呼ばれることも、脱魂状態や恍惚状態と呼ばれることもあり[2]、リハビリテーション、教育、スポーツなどの幅広い領域へと応用されている。 トランス状態には以下のようなものがある。 • 催眠によって表層的意識が消失して心の内部の自律的な思考や感情が現れるもの • ヒステリーやカタレプシーにより意識を喪失したもの • 宗教的修行によって、外界との接触を絶ち、法悦状態になったもの トランス状態の見かけの程度というのは、全身の痙攣を伴う激烈なものから、あくびを繰り返すだけの軽度のものもあり、さらには他者からの観察では通常の状態と全く変わらないものまで、さまざまなヴァリエーションがある。このヴァリエーションというのは地域差(文化の差)に起因していることもあるし、年齢差に起因していることもある。このようにトランス状態というのは見かけには様々なヴァリエーションがあるため、研究する場合はその見た目でわかる一部の要素にこだわってしまうと重要な要素のほうを見落としてしまうことになりかねないという。 トランス状態に入るのにはさまざまな方法があり、社会ごとに定型化されていることが多い。たとえばイタコやカミサンの場合は祭壇で呪文などを唱える。沖縄のユタの場合はそれとは異なった手順を経る。西アジアのシャーマンのように特殊なものを火に注いでその煙を吸う例もある。 (文化人類学などによる宗教研究ではしばしば“シャーマン”という言葉・概念によって宗教的ものごとを分類・説明しており)シャーマンのトランスには、霊魂が身体から離れて異界に移動し神や霊と接触する ecstasy(エクスタシー、脱魂)型と、反対に神や霊などの超自然的存在がシャーマンを訪れる possession(ポゼッション、憑依)型の2種類があると言われている。 羽仁礼は、トランス状態というのは、霊に憑依された時の霊媒や、心霊現象を起こしている時の霊媒などにみられることもあり、また人々が聖母マリアを目撃している最中(→聖母の出現)やイエス・キリストを目撃している最中などもこの状態になる、と説明している。 トランス状態の時には通常の感覚は失われ、例えば目の前でストロボを発光させても反応しなくなるし、からだの一部に針を刺してもそれを感じない。 トランス状態においては脳ではアルファ波〜シータ波が優勢になることが知られている。 トランス状態というのは何も宗教的な場面だけに見られるわけではない。一例を挙げると、催眠療法というのは催眠を用いた心理療法であるが、一連の暗示操作によって覚醒レベルを下げて被暗示性を高めた状態(変性意識状態、トランス状態)に導き治療を行うものであり、トランス状態のもたらす緊張緩和効果を利用している。
(ウイキペディアより)
トランス状態になるときに気を付けなければならないことは、
薬に頼らないということです。
上記のような手法を悪質な犯罪に用いることもできます。
十分に起きお付けください。
マインドフルネス瞑想法 テレビでも有名なので知らない方の方が少ないと思います。 市販のマインドフルネス瞑想法のCDの購入はお勧めです。
脳科学的アプローチ、宗教性の排除、修行の要素の排除を掲げています。
とてもリーズナブルな自己投資です。
マインドフルネス瞑想の本を読みました。面白いことが書いてあります。
脳の働きには、 デフォルト・モード・ネットワークという働きがあります。
デフォルト・モード・ネットワークとは、脳は何もしなくても、
考え事をしていない、ボーっとしている時でも、働き続けるそうです。
この働きが過剰になると「我心あらず」の状態になり、物事に集中できなくなります。対人関係で嫌な思いをいつまでも考え続けてしまったり、
過去の嫌な出来事、未来への不安などを考え続けてしまいます。
今、の自分の状態を正しく把握し、呼吸に集中したりする。瞑想法が有効で、
マインドフルネスはその瞑想法を科学的に、
有効にした心の健康法と言えます。
対人関係トラブルなども、
デフォルト・モード・ネットワークが過剰に働き続けた結果と見ることができます。
マインドフルネス瞑想の実際については、
介護職のためのマインドフルネス瞑想のページをご参照ください。
以上が
ストレスについて、と自己暗示法、自律訓練法、マインドフルネス瞑想の基礎
となります。
ご参考にしていただき介護ストレスを乗り切っていただければ幸いです。

先頭に戻る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・シークレット [ ロンダ・バーン ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/7/12時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心構えが奇跡を生む新版 [ ナポレオン・ヒル ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2020/7/12時点)