介護基本技術

認知症を知る
Ⅰ 認知症とは
これまでに獲得してきた知的機能の低下により、周囲の状況把握や判断能力が低下し、自立した生活が困難になった状態を指す。物忘れに始まり、次第に判断能力が低下し、周囲が困ることが多くなる。見守りや、様々な援助が必要になり「生活障害」とも言うべき状態になっていく。

Ⅱ 認知症の分類
1 治療困難なもの アルツハイマー型、脳血管性認知症、レビー小体型認知症
2 治療が比較的容易なもの 慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症、うつ病

3 加齢によるもの
画像診断などで病的な認知症を特定でき、治療できるものもある。しかし、私の経験からは80歳を過ぎると誰もが認知機能の低下は避けられないようである。短期記憶の障害から始まる。最近経験した症例では、自分は元気で、日常生活は自分で十分できるので、リハビリはいらないと言うが、変形性膝関節症が高度で歩行不安定なのにそれを指摘しても、私は自転車に乗って畑仕事に行くと言い張る。「息子が今日会いに来て、すぐ迎えに来ると言われている。」と言ったので、3分後、「今日、ご長男さんは来られましたか?」と聞き直すと、「今日は息子と会っていない。」と答える。このような、御老人とお話するのはとても楽しいことなのだが、認知症そのものを解明したり、完治しないまでも日常生活自立させることは現段階では不可能で、介護施設への移行が不可欠になる。

Ⅲ 対応策
長谷川式認知症スケールは批判も多いが、臨床では現段階で最も信頼できる検査の一つである。確かに、急に今日は何日と聞かれても答えられない時もあるが、健常人は、正確でなくても大体の日にちを答えて正確にはわからないと答えるが、認知症患者に聞くと、うろたえて笑いでごまかそうとしたり、全然わからなく、今が令和であるかどうかも答えられない。これが大きいな特徴で、長谷川式認知症スケールにより、知能レベルの低下により日常生活の自立がどれくらい困難かある程度推測できる。それにより運動機能の機能訓練の指示がどれくらい入力できるかを予測でき、どのように指導すれば機能訓練が効果的に進めることができるかを判断する手掛かりになる。

Ⅳ 認知症の特徴とその対応
短期記憶が障害され、長期記憶は比較的保たれる。医師などの社会的地位の高い人に対してはとても従順で、それに対し病棟スタッフ、看護師、ヘルパーさんなど、自分の生活の手助けをする人たちには症状が強く出て、周辺症状(徘徊、暴言、危険行為など)で悩ますことが特徴である。
対応としては自分の非を認めないので、子供を叱るような対応をするとかえって症状を悪化させる。間違った行為をしても「こんなことがあったね。不思議だね。ご自身のお身体が大事なのでケガなどはしないようにしてくださいね。」など、間違いを正面から否定せず、自分からこの方法の方が良いと無意識に気付かせることが重要である。

Ⅴ 主な薬 参考文献 介護者のための病気と薬がわかる本 雲母書房

1 認知機能障害改善薬 アリセプト
注意点 
服用開始時に吐き気、食欲不振などの消化器症状が現れることがある。
長期難服薬を中断するとその後再開しても効き目がない。
副作用
失神、徐脈、消化性潰瘍、パーキンソン様症状、血圧の変動、急な発熱、発汗

2 脳循環改善薬 サアミオン、シンメトレル、ケタス、セロクラール
脳血管性の場合には、脳の神経伝達機能改善薬を用いて脳血流を増加させ、意欲低下を改善する。
副作用
消化器症状、動悸、めまい

3 行動改善薬
・ 幻覚、妄想、興奮などに用いる薬 リスパダール、ジプレキサ、グラマリール、
セロクエル、ルーラン
統合失調症改善薬の抗精神薬や抗うつ薬などを使用するため認知機能を低下させる恐れがある。ジプレキサ、セロクエルは糖尿病には禁忌である。
副作用
立ち眩み、めまい、手足の震え、口が乾く、頻尿、腹痛、体重の急変

・ 抑うつ、意欲低下に用いる薬 ルボックス、パキシル、トレドミン、サインバルタ
脳血管性の場合には、脳の神経伝達機能改善薬を用いて脳血流を増加させ、意欲低下を改善する。
副作用
錯乱、痙攣、頻脈、急な発熱、筋肉がこわ張る、ふらつく

4 不眠、不穏に用いる薬 テトラミド、レンドルミン、マイスリー
緑内障には禁忌、飲酒を禁じる
副作用
血圧の変動、頻脈、急な発熱、筋肉がこわ張る、ふらつく
Ⅵ ユマニチュード
ユマニチュードとは何か

見る、話す、触れる、立つ
人間の尊厳を取り戻すために
私達は人からどのように扱ってもらいたいだろうか。どのように見られたいか、どのように話しかけられたいか、どのように触れてもらいたいか。病気になった時、「あなたこんなこともできないの、もっとこうすればいいのよ」と扱われたらどんな思いをするだろうか?
思うように体が動かない時、頭が混乱している時、助けて欲しい時、「ダメだな弱いな、もっとこうすればできるだろ」と汚いものを扱うような処理をされたらどう感じるだろうか。
ユマニチュードでは
見るとき
「あなたはここに存在する」というメッセージを確実に届けるように「見る」ことを後天的に学び直す。

話すとき
オートフィードバック(自分のしているケアをわかりやすく言葉にして話し掛ける)を使う例えば、起き上がりができないとき、優しく見つめながら「ゆっくり首を上げてください。少し手伝いますね。はい起き上がりました。少しすわりましょう」など。「どうせ寝たきりだから話しかけても無駄」のような話し方をしない。

触れるとき
広い面積で、ゆっくり、優しく
急につかまない、加速度をつけない、押したり引いたりしない
「これからあなたにいいことをしますよ」というポジティブな雰囲気で
一定の重みを保って、触れるときは飛行機が離着陸するようなイメージで
指先だけでなく、手のひら全体で接触面を広く

立つことの意味
こんな寝たきりの人を立たせて何の意味があるんだ。どうせ転ぶだけだろ。
あなたが、寝たきりになったらどんな気持ちでしょうか?
寝たきりで介護するより、少しでも起き上がれるようになって、ズボンを上げれたり、窓の外を眺められたり、桜が咲いているのを見たりするのに意味がないでしょうか?
寝たきりになると確実に認知症が進みます。
少しでも立って起き上がって話し掛けられれば
もし、あなたが寝たきりから、優しく見つめられ、優しく話しかけられ、優しく触れられ、優しく立たせてもらって、一歩踏み出せれば「命拾いしてもらった」と感じるのではないだろうか。

ケアをする人と受ける人
ケアをする人は受ける人を無理に押さえつけたいわけではないが、一生懸命服など脱がそうとして腕などを強くつかんでしまいケアを受けている人は全身を硬くしてしまう。
何らかの病気や障害認知機能が低下したため介護が必要だがそれが困難な人たちを困った人たちと捉えられてしまう。
一見攻撃的に見える行為は実は本人を守ろうとして戦っている防衛である。
その反面受ける人にとっては恐れていると感じるケアになっている。
ユマニチュードでは「ケアをしている私たちはどんな存在なのか?」
と問いかけることからその関係作りを始める。
ケアを職種とする人の多くは手を拘束したり、胃管を通したり、おむつにしてしまったり、転ぶから危ないと言って車椅子にしてしまったりする。
強制的なケアは不利益でしかない。なんとか歩けるけど転倒が怖いから車椅子に縛ろう。
点滴を外してしまうから手をベット柵にしばろう。トイレに行けるのにおむつにしてここでしろと言う。
ユマニチュードでは強制ゼロを目指している
原則は
1 睡眠を妨げない
2 抑制はしない
3 脇を持ち上げない
4 人のための獣医にならない
人と人に着目したケアである。

もし他人との絆がなかったら
人間の第一の誕生は自らが生まれることで、第二の誕生は仲間に迎えられ仲間と支えあうことを理念としている。
第三の誕生とは
人は第一の誕生で生まれ、第二の誕生で人に受け入れられ社会生活を送ります。
何らかの障害で人と人との触れ合いがなくなった時、人は孤独を感じ人間性を消失します。
無人島に流されてしまった状態です。そこでは精神を障害され話すことも考えることも立つことも歩くことも不自由になってきます。
無人島を通りかかった救助船に助けられ又人間らしい生活を取り戻します。
これが第三の誕生です。
無人島に残された人の救助はケアを行う人の役割に似ています。
ケアの実践は、試行錯誤を繰り返しこれまでの仕事内容、方法を変えることも必要になります。
この変革を成し遂げることでケアを受ける人行う人の双方の人達が質の高い充実した時間を過ごせるとユマニチュードでは考えます。

腰痛予防の介護法

ぎっくり腰が多く起こる場面

① とっさに患者さん、利用者さんを支えようとして急に腰に力を入れたとき
② 中腰で作業が長時間続いたとき(おむつ交換など)
③ 力仕事、患者さん、利用者さんが全介助で持ち上げようとする時

ぎっくり腰にならないための基本的姿勢

① 体幹を伸展位にする。
② 背筋で患者さん利用者さんを引っ張り上げようとしない。
③ 腰を固定して脚力で体重をコントロールし患者さんを動かす。
④ 急には動かさず基本姿勢が整ってから動作に移る。

腰痛を予防するためには
介助者の体の使い方
腰椎に負担をかけない様にすることです。
骨盤から腰椎までを固定して下肢と上肢の力で、
体重を上手くコントロールしてください。
最初は、出来ないので体幹をコルセットで固定するなども
有効な手段です。
介助者に負担がかかるのが、移乗動作です。
昔から、いろいろな方法が試みられてきました。
要介助者の残存能力を利用する
介護を受ける方にも、とても重要で、
「いかに苦痛なく動作が導けるのか。」ということを常に考えていく必要があります。
この考えは移乗動作に限ったことではなく、生活動作全般にいえることです。
ただ物を動かすのだという考えは捨てなくてはいけません。
いかにして被介護者の動作を導けるのかということが重要な考えです。
そのためには動作をよく観察し、被介護者には、必ずまだ使える能力が残っているので、失われた部分をうまく補っていく方法を探っていかなくてはなりません。
介助者の負担をいかに減らして、安全かつ有効な方法を目指す必要があります。
介護を受ける人の生活は、ベット、テーブル、椅子を使った洋式の生活になります。
床から人を持ち上げるのは大変な作業です。
介助者の負担を減らすためには、上下する電動ベットが必要となります。
上下するものとしないものを比べてみると、その差が分かります。
おむつを換えたりするときは、高い方がやりやすく、
車椅子に移すときは、車椅子の座面と同じ高さがやりやすいです。
この時に重要なのは、被介護者がどれだけ残存能力があるかを見極めることです。
できるだけ被介護者に動いてもらい、介助者はその動きを邪魔しないように、うまく誘導することです。

様々な腰痛予防のための介護技術(イラスト)

ボディメカニクスで活用する力学的原理

ここでは介護職の負担が少なくなるようにボディーメカニクスで活用する力学的原理を述べますが、決して要介護者を物としてみるものではありません。
介護はその人が不足している部分を補ってあげ、その人が人間らしく生きていくことを目的としています。技術のみでは成り立ちませんが、介護職が疲れて倒れてしまっては元も子もなくなります。介護職の心身を守るために、ボディーメカニクスで活用する力学的原理
を知ることは必要不可欠です。

このホームページでは利用者さんの気持ちをいかに把握するかについても記載しています。

参考文献:介護職のための正しい介護術 監修 寺島彰 成美堂出版

力のモーメント、重心、摩擦力、慣性力
力のモーメント
軸や点の周りで物体を回転させようとする力の力量

重心
物体の重力による合力が働く点(質量中心ともいう)

摩擦力
物体が他の物体に接触しており、接触しながら動こうとするとき、接触面にそって働く運動を妨げようとする力

慣性力
物体に力が働かないとき、または力が釣り合っている時は静止した物体はいるまでも静止しており、運動していた物体はその速さで等速直線運動をつづける

てこの原理を応用したボディーメカニクス

① 1は利用者さんの起き上がり時のボディーメカニクスです。
② 2は利用者さんの立ち上がり時のボディーメカニクスです。
③ 3は介助者の利用者さんを起き上がらせる時のボディーメカニクスです。
④ 4は介助者の利用者さんを立ち上がらせる時のボディーメカニクスです。
⑤ 5は利用者さんの起き上がり時のボディーメカニクスです。
⑥ 6は介助者の利用者さんを立ち上がらせる時のボディーメカニクスです。
⑦ 7は利用者さんを坐位から移乗させる時です。
ベットからの起き上がりと、ベットから車椅子に移乗させる時は以上のてこの原理で対応できると思います。

目次(項目をクリックしてください。そのページにリンクしています。)

ボディーメカニクス

食事・排泄動作

運動療法の基礎

様々なケア

様々な介護技術

現場でのADL

介護用品

介護保険

自助具

応用動作

介護疾患

腰痛予防の介助方法

6,リハビリテーションの歴史

1 リハビリテーションの歴史
リハビリテーションの語源はラテン語で、「Re」は再び、
「habilis」は人間らしく生きる、再びできるようになるという意味です。
その後、長い歴史の中で使用法が変化し、権利の回復、名誉の回復など
様々な意味に使われてきました。
現在、我々が使用している障害者に対する、機能回復、能力向上、社会復帰という
意味に使われるようになったのは、障害者が多発した戦争を契機とし、
第一次世界大戦から第二次世界大戦後に広く定着しました。
千野直一先生の「現代 リハビリテーション医学」から
リハビリテーション医学の歴史についてまとめてみました。
リハビリテーション医学の定義
リハビリテーション医学とは、物理医学とリハビリテーションという一見全く異なるように見える2つの医学分野が統合されたものである。
物理医学とは、古来より医療の中で用いられてきた、運動療法、電気、温熱、光線、装具療法等を用いて、運動機能障害の患者の治療、診断等に用いられてきた。
リハビリテーションとは、患者を身体、心理、社会職業的に最大レベルまで到達させることである。
リハビリテーション医学は種々の疾患によって生じた運動系の障害を物理医学的手段により、診断と治療を施し患者に生きがいある社会的生活を送れるように援助する専門医学分野である。としています。
リハビリテーション医学は1947年米国専門医制度が発足が一つの出発点となり、リハビリ医学が米国において、独立した専門領域、内科、外科、小児科などの医学分野と同じように認められたそうです。
米国での専門医制度の正式名称は、Physical medicine and Rehabilitation(PM&R)で、
リハビリテーション専門医は、Physiatrtstと呼ばれました。
専門医制度はこの領域の対象となる運動機能障害をもつ患者のほとんどが自宅、職場地域社会への復帰、すなわちリハビリを必要とする人達でした。そのため物理医学専門医制度にリハビリの分野が加わり、1949年PM&R(物理医学とリハビリ専門医)となったそうです。
このとき活躍したのが、リハビリテーション医学の父とも言える、ハワード・A・ラスク教授でした。
1950年にニューヨーク大学メディカルセンターに物理医学とリハビリテーション研究所を設立しました。
その頃、ラスク教授が執筆した「リハビリテーション医学(Rehabilitation Medicine )」
が現在の医学的リハビリテーションの原点と言っても過言ではありません。
リハビリテーション医学の序文でラスク教授は「脊髄損傷の車椅子患者の上肢は健常者に比べてはるかに強い」と力強く語っています。
本文ではリハビリテーションチームの在り方を初めて記述し、リハビリテーションDR、PT、OT、看護師、メディカル・ソーシャルワーカーの役割とその方法を明記しています。

ICIDH

 

ICF

 

 

その当時から、障害の見方は確立されていましたが、
1980年にWHOが国際障害分類(ICIDH)を採択しました。
疾病から機能障害が発生し、能力障害、社会的不利が起こると、
各患者さんの障害像を明確にして、評価、治療を行うという方法がリハDRとPT、OTでは主流の方法でした。1980年代のPT、OTは実習先でも、ICIDHの方法で評価して障害像を捉えるように指導されました。
先進国で本格的に高齢化が問題になり始めた2001年WHOはICIDHの改定版として、
国際生活機能分類(ICF)を採択しました。
日本では介護保険導入と時期を同じくしています。


2 ICFについて文部科学省ホームページより

○正式名称はInternational Classification of Functioning, disability and Health。日本語では「国際生活機能分類」と訳されている。人間の生活機能と障害に関する状況を記述することを目的とした分類であり、健康状態、心身機能、身体構造、活動と参加、環境因子、個人因子から構成される。心身機能、身体構造、活動と参加、環境因子には合計1,424の分類項目が示され、一方、健康状態、個人因子には提示された項目はない。下記にICFの概念図と各用語の定義を記した。


各要素の定義

心身機能: 身体系の生理的機能(心理的機能を含む)
身体構造: 器官、肢体とその構成部分などの、身体の解剖学的部分
活動  : 課題や行為の個人による遂行
参加  : 生活・人生場面への関わり
環境因子: 人々が生活し,人生を送っている物的・社会的・態度的環境
個人因子: 個人の人生や生活の特別な背景
○ICFは、2001年にWHOで採択され、2002年に日本語公定訳が発行された。前身は、1976年「国際障害分類試案」,1980年「国際障害分類(略称ICIDH)」である。
○ICFはWHOの国際分類ファミリー(Family of International Classifications、FIC)の一部として位置付く。WHO-FICには、ICFの他、「国際疾病分類(略称ICD-10)」、「医療行為の分類(略称ICHI)」等が含まれる。ICFの担当部局は、WHOも日本の厚生労働省(大臣官房 統計情報部 人口動態・保険統計課 疾病傷害死因分類調査室)も、ICFだけでなく、FICの全体を所管している。
○「障害者基本計画(平成14年12月)」の中に、「3 障害の特性を踏まえた施策の展開」として、「WHO(世界保健機関)で採択されたICF(国際生活機能分類)については、障害の理解や適切な施策推進の観点からその活用方策を検討する」との記載がある。
​ICIDHの図
としています。
医療から介護まで、この方法で患者さんの障害像を明確にすることで、大学病院から、介護保険のグループホームまで、同一の患者さんの障害像を共有できることが最大のメリットと言えます。障害像をコード化して、そのコードを見れば、大学病院のリハビリDRからグループホームのヘルパーさんまで現在の同一の障害像がわかるということです。
WHOが採択しているので、世界に通用するということです。
また、疾患に捉われず、脊髄損傷の新鮮例から慢性期の高齢障害者全ての疾患に使え、脊髄損傷の新鮮例から慢性期の高齢障害者に幅広く使えることも特徴の一つです。
また、家族ともそれを共有できるように作成されています。