2025年問題をどう乗り切るのか?

「日本は現在100年、200年に一度の危機だ」
「多くの難題を抱えている」
「今までにない危機」など我々の不安感を
煽るような政治家、マスコミが最近目立つような気がします。
人間生きているかぎり必ず問題はあるのです。
高度経済成長の時代は水俣病などの公害、
環境破壊が深刻なことはその頃から言われていました。
オイルショックになったらトイレットペーパーの買い占め
コロナになったらマスクの買い占め
最近は風邪薬の買い占めなど
人が困っていることに漬け込んで儲けを得ようとする人が
後を絶ちません。
「円安だよ。日本の経済は危ないから今のうちにドルを
買っておこうよ」と言って昨年バブルのドル高が起こりました。
「周りがそうだから自分もそうしないと」という心理を
煽ってバブルは生まれ高値をつかまされるのは
善良な市民なのです。
バブルは17世紀の初めオランダで
「チューリップ・バブル」というものが起こりました。

1593年にウイーンからオランダにチューリップの球根が持ち込まれた。
チューリップはモザイク病という病気にかかると
チューリップの花弁はモザイク様の色鮮やかな縞模様を作り出した。
オランダ人はこの種の球根を非常に珍重し、それを
「ビザール(変わり種)」と呼んだ。
チューリップ球根商人たちは来年人気の出そうな花びらを
咲かしそうな球根を高値で売買するようになり
チューリップの球根はみるみるうちに高値を付け始めた。
そして高値をつければつけるほど確実に儲かる投資対象となった。
貴族も平民も農民も家政婦も主婦たちも年寄りも
チューリップ・バブルは永遠に続くと信じられていた。
しかし1637年1月に最高値をつけてから急速に値を下げていった。
ウオール街のランダム・ウオーカー バートン・マルキールより


身の周りの人たちが評価しているものや人物をつい信用してしまうのが
社会的証明の法則と呼びます。
「2025年問題で日本は高齢化で日本の財政は危ない」など
経済学者さんたちは言います。
真っ当な投資の先生は「明日、為替・株・債券がどうなるかは予測できない」
と正直に言います。
誰も政治家も学者もマスコミも明日のことは分からないのです。
戦国時代も明治維新も太平洋戦争もオイルショックもバブル崩壊も
リーマンショックもコロナもいつの時代もみんな大変だったのです。
現代だけが特別なわけでも何でもないのです。
2025年問題で大変だと騒いでいますがそこがチャンスでもあります。
時代が変わる時がチャンスの時です。
自分自身の人生を生きよう。他人の言葉に惑わされず、
本当に自分に合っていると思えるものを選ぶべきである。
とにかく自分の納得がいくように行動すべきだ。
成功者は自分の才能を信じて疑わない。
彼らが自分の人生を生きているからに他ならない。

逆境の中には、それがひどいものであればあるほど、
その中にその逆境のひどさに見合った、強力な幸せの種子が隠れているのです。
不幸を幸運に変える、つまり、逆境であればあるほど、
貴重な体験を重ねることが出来るのです。
農夫の心構えとは、畑を耕し、種を蒔き、作物の世話をし、
その収穫を待つという辛抱強い姿勢のことである。
これと同様に、願望の実現を一朝一夕にして得ようとすると必ず失敗する。
日々の努力の果てには、必ず収穫が待ち受けているという
確信を持って待ち続けることが重要である。
不運な目に遭った時は、それを過去のものとしてしまっておくことにしよう。
あなたの心は、いつも未来への達成へと向けておこう。
そうすれば過去の失敗は、未来には幸運となって作用することになる。
後悔や苦い思い出、悔しさがあるなら、自分の過去の扉を閉じたまえ!
あなたが逆境に出遭ったら、それは貴重なレッスンだという見方をすればいい。
思考は現実化する ナポレオン・ヒルより


他人の意見に惑わされずに自分の人生を精一杯生きようではありませんか?
それがいつの時代も大事なことだと思います。

健康法・1

人生100歳時代になりました。
利用者さん介護職員とも健康第一です。
介護を通じて利用者さんに元気でいてもらうために
職員も健康である必要があります。
本日は目の健康です。
20年ほど前に3D写真が流行りました。
2枚の写真を一つに見ようとすると
遠近感が出て奥行きがはっきりします。
様々な目のトレーニングが考えられてきました。
栗田昌裕先生が開発したSRS速読法は3D写真で
目の健康の大事さを伝えています。

栗田先生ご略歴

このホームページで
3D写真を紹介されています。

私のブログに栗田先生の3D写真を載せると著作権の侵害に
なりますので私が作成した3D写真を載せます。

デジタルカメラで「超かんたん」立体写真を作ろう

3D写真の見方

私はスマホで作りました。作り方は超かんたんです。
誰でもできます。

写真の上で右クリックして「画像をコピー」してWordに貼り付けてL判写真用紙で印刷してみてください。

私は3D写真を見た後、目薬をさします。
すると「イー感じ」です。


皆さんも自分なりの視力回復法を試してみてください。
こちらの3Dマジカルアイもどうぞ試してみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

どんどん目が良くなるマジカル・アイ [ 徳永貴久 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2023/1/21時点)


寝返り・起き上がり訓練

先日「基本動作訓練の考え方」を書きましたが
少し付け加えたいと思います。
私の基本動作訓練の理念は
「如何に苦痛なく利用者さんが必要な動作に導けるか?」
ということです。
利用者さんが痛みなく過剰な努力なしで
介助者も必要最低限の労力で行う方法を常に
現場で考えています。
前回もお話ししたように足の裏が床にしっかり着いた
安定した座位が取れるように訓練を進めます。
座位が取れるようになるには寝返りが必要です。
寝返って健側を下にして起き上がって安定した座位を
練習します。

まずは寝返りです。全介助の利用者さんは効率の良い寝返り動作を行います。

膝を立てると力のモーメント
軸や点の周りで物体を回転させようとする力の力量が大きくなり寝返りしやすくなります。

次は起き上がり訓練です。

利用者さんのボディーをてこに例えるとこのようになります。
利用者さんの坐骨を支点にして下腿をベットから重力を利用し
下腿の重みと介助者の上半身の介助で楽な起き上がりが出来ます。
下の図は介助者の体の使い方です。

介助者の腰を固定して下肢の力を使います。
これでぎっくり腰防止ができます。腰痛予防をご参照ください。
そして安定した座位を練習します。

これで立ち上がり訓練、平行棒内立位、歩行訓練の準備ができました。

以上が私の考え方です。
私のやり方が必ず正解だとは限りません。
利用者さんの病気・障害により変わってきます。
様々な人の介助の考え方を知り自分で
現場で一番良い方法を探していくことが重要と思います。
「こんな方法も良いよ!!!」というご意見があれば
コメントもお願いします。
みんなで知恵を出し合ってより良い介護基本技術を
作り上げましょう。以下の記事、動画、書籍等もご参照ください。

介護の基本・ボディメカニクス てこの原理の応用 トランスファーテクニック具体例

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

根拠からわかる介護技術の基本 [ 前川美智子 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2023/1/21時点)


2025年問題

2025年、いわゆる「団塊の世代」800万人全員が75歳以上、
つまり後期高齢者となります。
2025年問題とは、超高齢社会が訪れることで生じる
さまざまな影響のことを言います。
団塊の世代は、第1次ベビーブームの時期に生まれ、
さまざまな分野で日本の成長を牽引してきました。
この世代が75歳以上を迎えることで、
総人口1億2257万人のうち、後期高齢者の人口が2,180万人に達します。

「目前に迫る2025年問題とは? 何が起き、どう備えるべきかを徹底解説」より

我々、医療・福祉に携わるものは今後、団塊の世代の人がどのような人達なのかを
理解する必要があります。
第二次世界大戦直後の1947年(昭和22年)〜1949年(昭和24年)に生まれた
私より約15歳くらいのお兄さんお姉さんたちです。
ですから東京オリンピックの時に15歳前後の人達です。
高度経済成長が始まりビートルズなどの欧米文化に憧れた人達です。
チューリップの財津和夫さん、アリスの堀内孝雄さん、谷村新司さん
かぐや姫の南こうせつさん、和田アキ子さん、沢田研二さん等など
そうそうたる人達です。
昭和一桁の人達に続いて日本経済を牽引しオイルショック
バブル崩壊、定年前にリーマン・ショックを経験した人達です。
また鉄腕アトムなどのアニメ世代でもあります。
宮崎駿さんは団塊の世代の少し前の人ですが日本の代表的なアニメーターです。
皆さんいつまでもお元気でいてくれたらありがたいのですが
医療、介護を受けなくてはならない人が多くなることは
間違いなさそうです。
我々、医療・福祉従事者はこの世代の人達とどのように上手く
やっていけるのでしょうか?
昭和一桁の人達はモーレツ社員と言われたように
団塊の世代も競争が激しい時代を生き抜いてきました。
昭和一桁の人達は高額な退職金を得たのに対し
退職前後にリーマン・ショックがあったので勝ち組、負け組が
鮮明になった世代だと言えます。
日米安保闘争など学生運動に係わってきた人達もいます。
激しい競争、闘争を生き抜いてきました。
昭和一桁の人達よりプライドが高い可能性があります。
75歳以上の人が日本の全人口の18%約20%つまり5人に1人に
なるのです。
昭和20年の日本人の平均寿命は50歳でした。
しかし今は90歳くらいまで上昇しています。
この問題を解決する方法は健康寿命を伸ばすことと60歳を過ぎても
男女ともに働ける環境を作り社会保障費の負担を軽減することです。
医療、介護を受けなくてはならない人に対しては憲法第25条
「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」
生存権を保障する必要があります。
ノーマライゼーション「障害者も、健常者と同様の生活が出来る様に
支援するべき、」という考え方でリハビリが重要になります。
以上のことを踏まえて団塊の世代の人達の
健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を守ることが
我々、医療・福祉従事者の今後の使命だと考えました。


私の基本動作訓練の考え方

私は理学療法士として現場で働いています。
沢山の看護師さんヘルパーさんと共に働き
様々な方のトランスファーの方法を見てきました。
そこで気付いたポイントをお話ししたいと思います。
私の基本動作訓練の考え方は
・寝返り→起き上がり→ベット上端座位→車椅子移乗
→平行棒内立位→平行棒内歩行→歩行器歩行→杖歩行
→屋外歩行(階段昇降などの応用歩行)と進めていきます。
本日は立ち上がりとトランスファーを考えていきます。

車椅子移乗、立位姿勢訓練の基本は
足の裏を地面にしっかりつけて膝の
伸展力を使うように誘導することです。
左のイラストのような姿勢で移乗をさせる人が
非常に多いです。
右の図のように地面に足の裏をしっかりつけ
下腿を前方に倒し重心が前方に乗り膝で
体を支えられるような動作を誘導しましょう。

大事な点は足関節と膝関節の拘縮がないことです。
拘縮があれば可動域訓練が必要になります。

以上が私の立ち上がりとトランスファー訓練の考え方です。
前回、利用者さんの残存能力を補うと書きましたが
あまり詳しく書くとややこしくなるので今日はここまでです。
前回の「てこの原理の応用」と合せてご覧頂いて
皆さんの業務に参考になれば幸いです。


てこの原理の応用

介護の基本・ボディーメカニクスでは介護技術とくにトランスファーテクニックに有効な基本をご紹介しました。

本日はてこの原理を用いて
利用者さん介護職員にやさしいトランスファーテクニックを
考えていきたいと思います。

上記の図はWordで作成して
スクリーン・ショットをしたものです。
大体はおわかりいただけると思います。
これを以下のように
起き上がり、立位、移乗動作に応用していきます。

介助者の体の使い方、利用者さんの
ボディーメカニクスをてこの原理に
当てはめてみました。
実際の介護現場でこの時は「第一のてこ」
この時は「第二のてこ」と考えて利用者さんの
移動時に考えていだだければ
あなた自身の
利用者さん介護職員にやさしい介護技術が
出来ると思います。
皆さんの業務にお役に立てれば幸いです。

トランスファーテクニック具体例はこちらをご覧ください。

このyou tube動画は利用者さんの膝をロックすることを
ポイントにしています。
これはとても参考になります。
私はトランスファー時には膝のロックはあまり気にしません。
このyou tube動画は全介助を前提としています。
私は利用者さんにどれくらいの残存能力があるかを把握してから
利用者さんの不足している能力のみを介助するように
心がけています。
具体的にはまた今後ご紹介したいと思います。


認知症を知る

上手く文字が入らなかったので
何度も投稿し直して申し訳ありませんでした。
今回は私が過去に認知症について書いた文章を
投稿します。

Ⅰ 認知症とは
これまでに獲得してきた知的機能の低下により、周囲の状況把握や判断能力が低下し、自立した生活が困難になった状態を指す。物忘れに始まり、次第に判断能力が低下し、周囲が困ることが多くなる。見守りや、様々な援助が必要になり「生活障害」とも言うべき状態になっていく。

Ⅱ 認知症の分類
1 治療困難なもの アルツハイマー型、脳血管性認知症、レビー小体型認知症
2 治療が比較的容易なもの 慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症、うつ病

3加齢によるもの
画像診断などで病的な認知症を特定でき、治療できるものもある。しかし、私の経験からは80歳を過ぎると誰もが認知機能の低下は避けられないようである。短期記憶の障害から始まる。最近経験した症例では、自分は元気で、日常生活は自分で十分できるので、リハビリはいらないと言うが、変形性膝関節症が高度で歩行不安定なのにそれを指摘しても、私は自転車に乗って畑仕事に行くと言い張る。「息子が今日会いに来て、すぐ迎えに来ると言われている。」と言ったので、3分後、「今日、ご長男さんは来られましたか?」と聞き直すと、「今日は息子と会っていない。」と答える。このような、御老人とお話するのはとても楽しいことなのだが、認知症そのものを解明したり、完治しないまでも日常生活自立させることは現段階では不可能で、介護施設への移行が不可欠になる。

Ⅲ 対応策
長谷川式認知症スケールは批判も多いが、臨床では現段階で最も信頼できる検査の一つである。確かに、急に今日は何日と聞かれても答えられない時もあるが、健常人は、正確でなくても大体の日にちを答えて正確にはわからないと答えるが、認知症患者に聞くと、うろたえて笑いでごまかそうとしたり、全然わからなく、今が平成であるかどうかも答えられない。これが大きいな特徴で、長谷川式認知症スケールにより、知能レベルの低下により日常生活の自立がどれくらい困難かある程度推測できる。それにより運動機能の機能訓練の指示がどれくらい入力できるかを予測でき、どのように指導すれば機能訓練が効果的に進めることができるかを判断する手掛かりになる。

Ⅳ 認知症の特徴とその対応
短期記憶が障害され、長期記憶は比較的保たれる。医師などの社会的地位の高い人に対してはとても従順で、それに対し病棟スタッフ、看護師、ヘルパーさんなど、自分の生活の手助けをする人たちには症状が強く出て、周辺症状(徘徊、暴言、危険行為など)で悩ますことが特徴である。
対応としては自分の非を認めないので、子供を叱るような対応をするとかえって症状を悪化させる。間違った行為をしても「こんなことがあったね。不思議だね。ご自身のお身体が大事なのでケガなどはしないようにしてくださいね。」など、間違いを正面から否定せず、自分からこの方法の方が良いと無意識に気付かせることが重要である。

Ⅴ 主な薬 参考文献 介護者のための病気と薬がわかる本 雲母書房

1 認知機能障害改善薬 アリセプト
注意点 
服用開始時に吐き気、食欲不振などの消化器症状が現れることがある。
長期難服薬を中断するとその後再開しても効き目がない。
副作用
失神、徐脈、消化性潰瘍、パーキンソン様症状、血圧の変動、急な発熱、発汗

2 脳循環改善薬 サアミオン、シンメトレル、ケタス、セロクラール
脳血管性の場合には、脳の神経伝達機能改善薬を用いて脳血流を増加させ、意欲低下を改善する。
副作用
消化器症状、動悸、めまい

3 行動改善薬
· 幻覚、妄想、興奮などに用いる薬 リスパダール、ジプレキサ、グラマリール、
セロクエル、ルーラン
統合失調症改善薬の抗精神薬や抗うつ薬などを使用するため認知機能を低下させる恐れがある。ジプレキサ、セロクエルは糖尿病には禁忌である。
副作用
立ち眩み、めまい、手足の震え、口が乾く、頻尿、腹痛、体重の急変

· 抑うつ、意欲低下に用いる薬 ルボックス、パキシル、トレドミン、サインバルタ
脳血管性の場合には、脳の神経伝達機能改善薬を用いて脳血流を増加させ、意欲低下を改善する。
副作用
錯乱、痙攣、頻脈、急な発熱、筋肉がこわ張る、ふらつく

4 不眠、不穏に用いる薬 テトラミド、レンドルミン、マイスリー
緑内障には禁忌、飲酒を禁じる
副作用
血圧の変動、頻脈、急な発熱、筋肉がこわ張る、ふらつく

以上です。5年以上前に書いた文章ですが
皆さんの業務にお役に立てれば幸いです。

今日のブログ

Facebookに綺麗な写真でブログをアップするのに

苦労しました。

ヘッダー画像を3回以上作り直しました。

Facebookの投稿にも苦労しました。

字が大きすぎたので再度文字を小さくして

字を良いサイズに移すのに苦労しました。

実験のようなことをして申し訳ないと思っています。

みなさん本当に上手く画像を作成されるので

うらやましい限りです。

お金と時間をかけないで試行錯誤しながら

マイペースで介護基本技術を書いていきたいです。

宜しくお願いします。

素晴らしい日本人の文化

介護基本技術は私の日記のようなものです。
今日は初詣について書きます。
初詣は松の内までが一般的です。
松の内は新年に神様がいらっしゃる時期で
関西地方では1月1日~15日までとしているところが多いようです。
初詣は日本人の素晴らしい文化です。
日本は宗教の争いのない世界でも数少ない国です。
ウクライナ戦争の一因はロシア正教会と
西側のカトリック・プロテスタントとの宗教の争いの
面もあると報じられています。
同じキリスト教でありながら何で対立するのだろう?
と日本人には分らない感覚です。
しかし外国では宗教による争いが多くあります。
一般市民の間でどちらの神が正しいか?
などのケンカが起こります。
日本では考えられないことです。
きちんと仏教やキリスト教など勉強される方もいますが
日本人の多くはクリスマスにはイエス・キリストに祈ったり
その一週間後の元旦には神社仏閣に初詣に行き
御本尊に祈りを捧げます。
この素晴らしい八百万の神の国、日本は本当に
素晴らしい国です。
どんな神様も受け入れるこの寛容な国民性は
世界に類がありません。
外国人の多くは「私はイエスのように生きたい。」と
人に話すのに対し
もう一つの日本人の特徴は神様を心では信じていても
人前では「私は無宗教です。」と言い神の存在を否定する
傾向があります。
これは戦後、「科学と宗教は別である。」という
教育が浸透したためと思います。
小学校では自分は神を信じているというと
「神様おるんやったら連れてこいや!!!」などの
からかいの対象になります。
ジョセフ・マーフィーもキリスト教の一派です。
1980年頃「科学的な祈り」で日本でも
ベストセラーになりました。


最近ではパム・グラウトの「こうして思考は現実になる」
という本で
量子物理学の定義によると、「場(フィールド)」とは、
物理的な世界に影響を与える、目に見えない動く力
ということになる。
ここでは、可能性のフィールド(フィールド・オブ・ポテンシャリティー)
を略してFPと呼ぶことにしよう。
と書いてベストセラーになりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こうして、思考は現実になる [ パム・グラウト ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2023/1/8時点)


「ザ・シークレット」ロンダ・バーンは
権力者が「秘密」を独り占めにして富と成功を手にしてきた。
その秘密を知れば誰でも億万長者、理想の結婚相手、人間関係など
自分の欲しいものが何でも手に入るという
スピリチュアル・ブームが起きています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・シークレット [ ロンダ・バーン ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2023/1/8時点)


このように宗教や思想を何でも商売にしてしまう
ビジネスにしてしまう日本人の文化が私は好きです。
新年早々このようなことを書いている私も
典型的な日本人だなと暖かく受け入れていただけると
ありがたいです。

この曲はクリスマス・イヴに聞くと最高です。
もうご存じの方も始めての人も
「サイレント・イヴ 」辛島美登里さんの素晴らしい曲です。
皆さんにシェアします。

立位姿勢

理学療法士の私がDRから
一番依頼が多いのは
歩行です。
これは利用者さんからも一番多い希望で
「私、歩けるようになるでしょうか?」
という方がとても多いです。
私が一番最初に選択する方法は
足の裏を地面に着いて座らせることです。
これができていない人が非常に多いです。
私のブログを読んでいる方の多くは
「足の裏を地面に着かないと歩けない」
と意識していなくても歩ける方々だと思います。
入院して寝たきりになっている期間の長い人は
足の裏を地面に着かない状態で立ち上がろうとします。
先ず足の裏を地面に着けて座る、立つという
姿勢を練習するだけで自分で車椅子に乗れたり
歩行能力が回復される方もいます。

座位から立位へのポイントは
前回のボディーメカニクスの力のモーメント、重心、慣性力
を応用していってください。
利用者さんも歩行能力を回復できるし介護職員も楽に
誘導できるようになります。

皆さんの業務に役立つことができれば幸いです。