介護の基本・ボディメカニクス

ボディメカニクスで活用する力学的原理

ここでは介護職の負担が少なくなるように
ボディメカニクスで活用する力学的原理を述べますが、
決して要介護者を物としてみるものではありません。
介護はその人が不足している部分を補ってあげ、
その人が人間らしく生きていくことを目的としています。
技術のみでは成り立ちませんが、
介護職が疲れて倒れてしまっては元も子もなくなります。
介護職の心身を守るために、
ボディメカニクスで活用する力学的原理
を知ることは必要不可欠です。

力のモーメント、重心、摩擦力、慣性力

力のモーメント
軸や点の周りで物体を回転させようとする力の力量

重心
物体の重力による合力が働く点(質量中心ともいう)

摩擦力
物体が他の物体に接触しており、接触しながら動こうとするとき、
接触面にそって働く運動を妨げようとする力

慣性力
物体に力が働かないとき、または力が釣り合っている時は
静止した物体はいるまでも静止しており、
運動していた物体はその速さで等速直線運動をつづける

最後に私が実際に日常の業務で心がけている
ポイントを箇条書きにしました。

ポジショニング(利用者さんと自分との位置関係)
目標の位置
利用者がどれくらい動けるのかを把握する
利用者の動きを邪魔しない
一番効率的な軌道に動きを導く
持ち上げるよりも動きを誘導する
どこをどれくらい介助するのかを考える
足の裏をしっかり床につけ足、膝、骨盤、上半身から積み上げていく

基本である力のモーメント、重心、摩擦力、慣性力を理解し
介護現場で応用していってください。


腰痛予防

本日は腰痛予防をご紹介します。
車椅子移乗、オムツ交換など
介護では腰痛を起こすことが多いです。
急激に腰に捻りが加わるとぎっくり腰の
原因になるので気を付けましょう。
腰痛予防のイラストをご紹介します。

基本の立ち方をまずマスターしてください。
この姿勢だと骨盤と腰椎が固定されて
急に利用者さんを持ち上げようとしても
大丈夫です。
腰を固定して膝の力を使います。
そうすると急激な腰への負担が少なくなります。
是非、試してみてください。

こちらと合せてご覧ください。


今日の愚痴

今年元旦に私が利用しているレンタルサーバーの
ファイルが壊されて
レンタルサーバー会社さんとメールで連絡していました。
親切に色々調べてくれて教えてくれました。
今回分ったことは(前からですけど)
ホームページビルダーはJUSTの製品なので
ホームページビルダーを使いこなそうとする人は
ほとんどがJUSTと契約していると思います。
私は時間とお金は出来るだけかからないようにしているので
今のレンタルサーバー会社さんにしています。
ホームページ作成ソフトは
ソースから書くと非常に困難な作業を簡単な操作で出来るようにしています。
ホームページビルダーは非常に優れたソフトで
上手く使えばお店のホームページを作れたりします。
様々な会社やお店がホームページビルダーを使っていると
思います。
本当に良いホームページを作ろうとする人は
時間とお金をケチりません。
そうでなければ良いホームページはできないのです。
WordPressは今のレンタルサーバー会社さんで無料で
ダウンロードできるので
もう4年もホームページビルダーを使ってので
WordPressのみで十分かな?と考えています。
WordPressも使いこなそうとするとお金と時間がかかります。
昨日、Facebookに綺麗な写真のブログ投稿をしようとしましたが
なかなか上手く行きませんでした。
WordPressとFacebookの相性の関係かな?
上手くやろうと思うと時間をかけて勉強しないといけないので
ド素人の私はこんなもんでいいやと諦めてしまいました。
こんな人が書いていますが読んでいただいている方々
今後ともお付き合いを宜しくお願いします。

サイト作成の苦労

ブログは私の日記のようなもので
その日にあったことや感じたことを
思いのままに書くのですが、
介護基本技術を書き始めたきっかけは
「アフェリエイトで月5万円」という
本を読んで始めましたが
癖になるというか何というか
自分の考えを書き出すことが習慣になりました。
昨年の大晦日に「未来は予測不可能」という
ブログを書くと
ホームページビルダーで作成したファイルを破壊されました。
これは予測不可能なことでした。
このような取るに足らないサイトを壊そうとする人が
いるというのが驚きで
どのような手口でやったのか分りません。
人間課題を与えられるとそれを解決しようと考えて
またホームページビルダーを操作してみましたが
上手く行きません。
ホームページビルダーにこだわる理由もないので
諦めていますが
まあ今年もマイペースで予測不可能で成り行き任せで
やっていきます。
あんまり頑張らずにいきたいです。

トランスファーテクニック具体例

トランスファーテクニック

利用者さんが介護状態にあり
自立出来ていない場合
一番重要なのはどこを介助すれば
利用者さんが上手く動作出来るようになるかを
考えて実施することが成否を左右します。
利用者さんの身体機能を良く理解し
どれくらいの介助が適切なのかを把握し
介助者ともに負担のないよう考えていきましょう。
以下は一例です。

今日は以上です。今後も利用者さん介護職員にやさしい介護基本技術をご紹介していきます。宜しくお願いします。